川崎西道院について

2019.2.24 川崎西道院設立39周年 於:大戸會館

川崎西道院は、1980年に設立し、2020年2月24日で40年となりました。 今まで、人との出会いや繋がりを大切に成長を共に喜び合うことが出来る道場として運営してきました(親子で修練する拳士が多い道場です)。拳士は小学生や中学生のみならず、20歳台から60歳台と幅広い年代の拳士が所属しています。そして、その中でそれぞれの年代が入り混じって交流し、修練を重ねています。少林寺拳法の技術の修得はもちろんのこと、少林寺拳法の教えである人づくりに力を入れ、素直な心と感謝の気持ちを学ぶ機会を持っています。少林寺拳法の技の修練に関しては、先輩拳士が後輩を指導し、指導しながらどう伝えれば相手に分かりやすく伝えるかを教えることで学ばせ、教えてもらう後輩拳士は先輩達へ感謝を忘れない心を学んでいきます。継続は力なり、修行を通じて一歩一歩自己確立へ進むためのお手伝いを致します。

川崎西道院概要

名   称:金剛禅総本山少林寺 川崎西道院

道 院 長:中川 貴司

設 立 日:1980年2月24日

所 在 地:川崎市高津区明津216-13(専有道場)

拳 士 数:35名(休会中の拳士除く)

         小学生:男子6名、女子2名

         中学生:男子4名

         社会人:23名(20歳台〜60歳台)

          男性:19名、女性4名

(2020年8月17日現在)


川崎西道院の沿革

1980年02月  松井洋介初代道院長により設立

1986年10月  江橋敏晴二代目道院長による運営開始
1990年02月  川崎西道院設立10周年
2000年02月  川崎西道院設立20周年
2010年02月  川崎西道院設立30周年
2018年01月  江橋敏晴道院長勤続30年本山表彰
2019年02月  中川貴司三代目道院長による運営開始

◉タウンニュース中原区版(2020年)

◉少林寺拳法50周年記念誌掲載(1997年)

2019年川崎西道院39周年
2019年川崎西道院39周年
2010年30周年記念式典
2010年30周年記念式典
2017年江橋道院長勤続30年
2017年江橋道院長勤続30年
川崎市民大会30周年記念
川崎市民大会30周年記念


 

 

    〉〉修練場所・日時

    〉〉修練内容

    〉〉大会について

 

shorinjikempo-kawasaki-nishi.com