川崎西道院は1980年に設立しました。拳士は小学生や中学生、20歳台から60歳台と幅広い年代の拳士が所属しています。そして、その中でそれぞれの年代を超えて交流し、修練を重ねています。

少林寺拳法とは

少林寺拳法は日本の武道であり”人づくりの行”です。豊かな社会を築くために行動できる人を育てています。

詳細を確認する

川崎西道院について

1980年に設立し42年目となりました。 成長を共に喜び合うことが出来る道場として運営しています

詳細を確認する

見学・入門案内

身体とこころを鍛えたい方、始めることに遅くはありません。見学体験大歓迎です。

詳細を確認する


少林寺拳法の特徴

六つの特徴があります。人としての行動のあり方や生き方がこの特徴に示されています。

詳細を確認する

出来事

川崎西道院の過去の行事を一覧にしています。入門式や昇級昇段試験合格など雰囲気をご覧ください。

詳細を確認する

修練内容

自己変革の道を学び、定められた修行法を通じて自分自身の生き方を変革していきます。

詳細を確認する


 ◎  川崎西道院がタウンニュース中原区版に掲載されました。

  https://www.townnews.co.jp/0204/2020/07/31/536718.html

 ◎  川崎西道院公式サイトがjimdo製作事例として掲載されました。

  https://jirei-mihon.jimdo.com